肥満について

肥満が関与して成人病につながることはよく知られており、特に高血圧、高脂血症から動脈硬化、成人型糖尿病、脂肪肝などが高率に発生することが知られています。

【予防と治療】

●運動療法 急激な運動を短期に行うよりは、軽度~中度の運動を持続的に行う方が皮下脂肪の燃焼には効果があるといわれています。

●食習慣 乳児期に食べが悪く、体重増加が悪い場合でも、無理やり食べさせる必要はありません。あまり積極的に食べないために、食べやすい炭水化物主体の、口当たりが良く軟らかいものばかり与えがちですが、将来偏食傾向を招きやすいので、繰り返し何でも食べさせるように心がける必要があります。

●薬物治療 肥満に直接対する薬物治療は、原則として行いません。運動療法や食事療法の調節で、肥満の治療を行うのが原則です。




公益社団法人 発達協会王子クリニック 山田 和孝(非常勤)