花粉症

花粉症は、スギやブタクサなどの花粉によって引き起こされるアレルギー反応により、目のかゆみ、鼻水・くしゃみ・鼻づまりなどの症状が現れる病態です。

近年、花粉症の患者さんはとても増えており、赤ちゃんの花粉症も珍しくありません。特に今季は、スギの飛散量が大量ということで、スギ花粉症に対して例年より早い対応が必要です。

 当院では、問診と診察の後、ご希望の方には血液検査を行なっております。(結果は1週間ほどかかります。費用は健康保険で6,000円位です) 治療としては、点眼薬・点鼻薬・抗アレルギー薬(アレルギー反応を抑える薬)のほか、漢方薬の処方も行なっています。

水っぱなが出なくても鼻づまりがひどいと夜眠りにくく日中不機嫌になったり、鼻アレルギーに副鼻腔炎を合併すると頭重や頭痛でイライラしたり、ボーッとしたり、ということが起こります。

お子さんの寝息が大きい、口を開けていることが多い、から咳や咳払いが気になるなどの時は、ぜひ一度ご相談下さい。




公益社団法人 発達協会王子クリニック 竹内 紀子(非常勤)